• ホーム
  • EDになったら治療薬を個人輸入?病院で処方?

EDになったら治療薬を個人輸入?病院で処方?

抱いているカップル

EDになった時の対処法としてED治療薬を使用することが挙げられます。
ED治療薬は病院で処方し購入することが出来ますが、1錠で1,300~2,000円と高価であるため複数錠の購入を考えると非常に大きな負担になります。
そこで負担を減らす方法として個人輸入代行を行っている薬の通信販売業者から購入する方法もあります。
薬の通信販売業者は海外から薬を輸入し販売しているので処方せんなしでも安く購入することが出来、ジェネリック医薬品も取り扱っている場合ですと同じ成分で製造しているため激安でED治療薬を購入し同じ効果を期待することが出来ます。

価格を見れば輸入品と言えども薬の通信販売から購入する方が良く見えますが必ずしもそうとは限りません。
その理由の1つに医師が処方している訳ではないことが挙げられます。
ED治療薬はれっきとした薬なので体との相性があるため医師による診察が適当と言えますし、服用したときに異変を感じた時にすぐに処方した病院で診察してもらうことが出来ます。
通信販売から購入したED治療薬により異変を感じても医療機関で受診することは必要ですが、自己責任は付いてきます。
そのほかの理由に輸入品なため、悪質な業者から購入してしまうと偽物である可能性が否定できないということです。
そのため正規品を輸入しているかどうかを確認することは重要なポイントになります。

費用が高くとも安心してED治療薬を使用できる環境を大切にしたいのであれば病院で処方してもらう方が合っていると言えますが、負担が大きくなることが問題であれば信頼できる薬の通信販売を探し購入すると良いかもしれません。
ただし通信販売から購入する場合は、どうしても自己責任が付いてくることを忘れないようにしましょう。